サイトトップ 前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
2012.09.04.更新

9月野菜果物料理『とうもろこしのお手軽パン』『豆苗の豆腐サラダ』『プルーンのミックスジュース』

とうもろこし

【おすすめとうもろこし】
(上)ピュアホワイト
ホワイト系のとうもろこし。フルーティーな甘みと真珠のような美しい粒が魅力的です。

(下)ゴールドラッシュ
生でも食べられるとても甘い「イエロー種」
その甘さや味わいは、とうもろこしの中でも一度食べたら忘れられない美味しさです。

見かけたら是非お手にとってご賞味ください。
【おすすめとうもろこし】
(上)ピュアホワイト
ホワイト系のとうもろこし。フルーティーな甘みと真珠のような美しい粒が魅力的です。

(下)ゴールドラッシュ
生でも食べられるとても甘い「イエロー種」
その甘さや味わいは、とうもろこしの中でも一度食べたら忘れられない美味しさです。

見かけたら是非お手にとってご賞味ください。
原産地:中央アメリカ
主産地:北海道・千葉県・茨城県・長野県・群馬県・山梨県
おいしい時期:6月―9月

紀元前3000年頃には栽培されていたといわれる『とうもろこし』は、コロンブスがヨーロッパに持ち帰り世界に広まって行きました。日本へは16世紀にポルトガル人により伝わり、明治時代に入り北海道開拓とともに本格的に栽培が始まりました。現在、日本で主流になっているのは甘みの強い「スイートコーン」という品種です。他にも、黄と白の「バイカラー品種」、黄・紫・白の「ウッディ―コーン」、白粒の「ホワイト系(シルバー系)品種」、スイートコーンを若採りした「ベビーコーン」などがあります。とうもろこしの主な成分は、糖質とたんぱく質ですが、ビタミンE・B1・B2・カリウム・亜鉛・鉄などのビタミンミネラルが豊富です。また、食物繊維が多く含まれるため腸内を綺麗にする働きがあります。とうもろこしは、実がふっくらとしてツヤがあり先までつまっているもの、皮つきで皮の色が濃い緑色のもの、ひげが多く褐色ものを選びます。収穫後24時間経つと味が落ち栄養が半減するといわれていますので、購入後はゆでる・蒸すなどして新鮮なうちに食べましょう。食べきれない時は、ゆでた・蒸したものをラップに包んで冷蔵庫で保存します。
前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

最近の記事

8月野菜果物料理『枝豆のカレースープ』『谷中しょうがと昆布の炊き込みおにぎり』『すだちゼリー』 07.30.
夏といえばの野菜と香りで涼む野菜果物で暑さをのりきりましょう。8月野菜果物料理『枝豆のカレースープ』『谷中しょうがと昆布の炊き込みおにぎり』『すだちゼリー』
7月野菜果物料理『パプリカとアーモンドのオイル焼き』『オカヒジキのシンプルパスタ』『パッションフルーツのフルーツポンチ』 07.02.
カラフルな野菜果物で夏の食卓を楽しみましょう♪7月野菜果物料理『パプリカとアーモンドのオイル焼き』『オカヒジキのシンプルパスタ』『パッションフルーツのフルーツポンチ』
6月の野菜果物料理『加賀太きゅうりのえのきあんかけ』『新ごぼうとアボカドのさっぱりサラダ』『マンゴスチンとレーズン&くるみミックス』 06.01.
雨の季節になりますが旬の野菜果物から元気の源を味わいましょう。6月の野菜果物料理『加賀太きゅうりのえのきあんかけ』『新ごぼうとアボカドのさっぱりサラダ』『マンゴスチンとレーズン&くるみミックス』
5月野菜果物料理『砂糖えんどうのポタージュ』『エディブルフラワーの春雨サラダ』『びわのはちみつコンポートとゼリー』 04.30.
緑が美しい季節。旬の野菜果物からグリーンとオレンジの食材のレシピをお届けします。5月野菜果物料理『砂糖えんどうのポタージュ』『エディブルフラワーの春雨サラダ』『びわのはちみつコンポートとゼリー』
4月野菜果物料理『春キャベツのりんご酢漬け』『うどとサラダほうれん草のサラダ』『ウド皮のカレー風味フライ』『いちごの甘酒シャーベット』 04.09.
キッチンや食卓テーブルにも春の香りをいっぱいにしましょう。4月野菜果物料理『春キャベツのりんご酢漬け』『うどとサラダほうれん草のサラダ』『ウド皮のカレー風味フライ』『いちごの甘酒シャーベット』